0826_1

2018/8/26 更新

今、陸上界で注目の選手は、桐生・山縣・ケンブリッジ・サニブラウン・大迫といった選手達だと思われますが、東京オリンピックへ向けて、僕が注目しているのは、走幅跳の「橋岡優輝」選手です。

今回は、順調にステップアップしている「橋岡優輝」選手を紹介します。


橋岡優輝選手とは?!

名前:橋岡優輝(はしおか ゆうき)
生年月日:1999年1月23日
出身高校:八王子高等学校
在学大学:日本大学
競技:走幅跳

2020年の東京オリンピックの走幅跳で活躍が期待されるのが「橋岡優輝」選手です。ルックスだけを見てもイケメンでズルいのですが(笑)、それ以上に実力が凄すぎます。

日本陸上界の走幅跳の代表を背負う、若きエースです。

16歳の時に日本ユース選手権の、走り幅跳びを制した成績を持っています。当時の記録は7m70というもので、これは高校歴代で10位にランクイン、高2歴代3位の記録でした。

中学の時までは、「110mハードル」「砲丸投げ」「400m走」「走り高跳び」で競う『4種競技』の選手でした。

そして高校入学後、八王子高校顧問でシドニー走幅跳代表の渡邊大輔先生に進められ、走幅跳に転向しています。

そして、高校3年時にダイヤモンドアスリートという陸連が設立した、東京オリンピックへ向けた育成システムに認定され、弱冠17歳で英才教育を受けることになりました。

関連記事:東京オリンピックへ向けた、陸上競技のエリート育成システム「ダイヤモンドアスリート」とは?!


両親はあの橋岡利行さんと城島直美さん

橋岡優輝選手の両親は、橋岡利行さんと城島直美さんです。

古い時代の陸上界を知っている人は聞き覚えがあるかもしれません。

橋岡利行さんは元棒高跳の日本記録保持者(5m50cm)。高校時代にも5m20cmという記録を出しており、当時の高校記録を作っています。

また母である直美さんは「走幅跳」「三段跳び」「100mハードル」の元中学日本記録保持者です。

これはもう、完璧な陸上界のサラブレット選手です。もちろん本人の並々ならない努力の賜物ですが。


従兄弟は浦和レッズの橋岡大樹

ちなみに従兄弟には浦和レッズの橋岡大樹選手がいます。

橋岡大樹選手もまた2018年に入団早々、右SBのレギュラーを奪取しています。東京五輪での活躍を期待される選手です。

>>急成長遂げる19歳 浦和・橋岡が胸に刻んだ侍ブルーの雄姿「4年後は自分が」
>>いとこ同士の陸上&サッカー新星。橋岡優輝と大樹、夢は共に東京五輪。


成績

2018年大学2年

日本インカレ 貫禄の優勝


アジア大会 セカンドベストだけど惜しくもメダル獲得ならず


U20世界選手権 優勝!


日本選手権を自己ベストの2連覇達成!


関東インカレは2位

ハチャメチャな気候の中、1cm足らずの2位。。。

1位:酒井 由吾(1) 慶大 8m31 +4.7
2位:橋岡 優輝(2) 日大 8m30 +3.4
3位:川島 鶴槙(4) 順大 8m04 +4.7


セイコーグランプリは日本人TOPの3位


織田記念は3位


冬季はアメリカでIMGの合宿


ダイヤモンドアスリートに継続認定


2017年大学1年

南部記念

8.07 (+3.2)を跳んで、優勝!追い風参考で世界選手権の標準は切れず。。。次はユニバーシアード。


日本選手権

8m05(+1.4)を跳んで、優勝!!!!


ユニバーシアードの代表入り!

台北で行われるユニバーシアードの代表に決まりました!

関連記事:第29回ユニバーシアード(2017年)の日本代表選手決定


日本学生個人は2位。

7m95 2位


関東インカレで8mジャンパーの仲間入り

8m04 優勝!

橋岡、8メートル超えで自信「感触はつかめてきている」

 陸上・関東学生対校選手権 第2日(26日、日産スタジアム)男子走り幅跳びを制した日大1年の橋岡は6回目に8メートル04。2020年東京五輪で活躍が期待される日本陸連の「ダイヤモンドアスリート」に指定されている新鋭は「後半に調子が上がって良かった」とほっとした表情をのぞかせた。
 21日のセイコー・ゴールデングランプリ川崎で7メートル90の自己ベストを出したばかり。好調を維持して8メートルジャンパーの仲間入りを果たし「感触はつかめてきている」と自信を深めた。
引用:サンスポ


セイコーグランプリ川崎

7m90(+1.9) 5位


織田記念

7m87 2位


オーストラリア選手権

✔ 予選 7m71(+2.8)
✔ 決勝 7m79(+1.9)


さいごに。これからの橋岡優輝選手の活躍を期待!

橋岡優輝選手について、まとめてみました。2020年の東京五輪の時には、大学4年生の21歳になっています。

選手としては、最高の時期になっていることは、間違いないです。これからの活躍に期待しましょう!



 ▼ 人気記事 ▼