VOD

映画『凶悪』のフル動画を無料で見る | あらすじ・見どころをおさらい

映画『凶悪』のフル動画を視聴する方法を分かりやすくまとめます。

↓今すぐ『凶悪』を定額見放題で、見たい方はこちらをクリック↓
Movie102

凶悪の動画配信・レンタル情報

『凶悪』を視聴できる主なVODサービスは、合計5社(定額見放題4社、レンタル1社)です。

動画配信サービスには無料お試し期間があるサービスもありますので、お得に観られる方法もあります。是非無料期間合わせてチェックしてみてください!

『凶悪』が観れるVODサイト

動画配信サービス
凶悪
月額料金
無料期間
Hulu
993円
14日間
Amazonプライム
500円(税込)
30日間
dTV
500円
31日間
U-NEXT“"
1990円
31日間
FOD
888円
31日間
TSUTAYA TV
933円
30日間
au/ビデオパス
562円
30日間

◎:無料で見れる(見放題やポイント利用含む)
△:課金して見れる(レンタル)
-:見れない

※注:2020年1月現在の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

『凶悪』感想

0209 24

スクープ雑誌「明潮24」に、収監中の死刑囚・須藤から手紙が届く。

記者の藤井は、上司から須藤に面会して話を聞いて来るように命じられる。

須藤から聞かされたのは、警察も知らない須藤の余罪、3件の殺人事件とその首謀者である「先生」と呼ばれる男・木村の存在だった。

木村を追いつめたいので、記事にして欲しいという須藤の告白に、当初は半信半疑だった藤井も、取材を進めるうちに須藤の告発に信憑性があることを知ると、取り憑かれたように取材に没頭して行く。

というお話です。

ここまで後味のわるい映画ってあるでしょうか?!

ノンフィクション小説が原作ということで、彼らの事件現場からは少し離れますが、埼玉の近い地域に住んでいたことがあるので身近さを感じてしまいました。

.
リリーフランキーの目の奥の仄暗いさは、須藤の子供と接する時も、被害者を痛めつけるときも終始かわらず。

というか、加虐してるほうが500万倍はしゃいでた感じです。。。

にこやかながらこちらの恐怖をあおる役では、狂気を笑顔で表現するのはありがちで、分かりやすいです。

ただ意味深に笑っていればいいわけでもなく。。。リリーフランキーにとっての木村の解釈が気になります。

グロテスクで彼らなりの緩急のある映画でしたがノンフィクションである事実がこの映画にさらに強烈な厚みをもたせます。

どのような事象をあらわした〝凶悪〟も、この『凶悪』を前には皮相になってしまうことでしょう。

『凶悪』あらすじ

雑誌ジャーナリスト・藤井に託された、死刑囚からの手紙。そこには驚愕の内容が記されていた――

自分は死刑判決を受けた事件の他に、誰にも話していない3つの殺人に関わっています。そのすべての首謀者は、自分が“先生”と呼んでいた男です。

そいつが娑婆でのうのうと生きているのが許せない。この話を記事にしてもらい、先生を追い詰めたい。

3つの殺人事件、先生と呼ばれた男、死の錬金術師。そして明かされる、驚愕の真相――。すべては、ある死刑囚の告白から始まった。

スクープ雑誌「明潮24」の記者として働く藤井修一(山田孝之)は、東京拘置所に収監中の死刑囚 須藤純次(ピエール瀧)から届いた手紙を渡され、面会に行き話を聞いてくるよう上司から命じられる。

面会室で向かい合った須藤は、「私には、まだ誰にも話していない余罪が3件あります」と話しはじめる。

その余罪とは、警察も知らず闇に埋もれた3つの殺人事件だった。

そして、これらすべての事件の首謀者は、“先生”と呼ばれる木村孝雄(リリー・フランキー)という不動産ブローカーであり、記事にしてもらうことで、今ものうのうと娑婆でのさばっている“先生”を追いつめたいのだと告白される。

半信半疑のまま調査を始める藤井だったが、須藤の話と合致する人物や土地が次々と見つかり、次第に彼の告発に信憑性がある事に気付き始める。

死刑囚の告発は真実か虚構か?

先生とは何者なのか?

藤井はまるで取り憑かれたように取材に没頭していくのだが…

(公式サイトより引用)