VOD

映画『シンドラーのリスト』のフル動画を無料で見る | あらすじ・見どころをおさらい

映画『シンドラーのリスト』のフル動画を視聴する方法を分かりやすくまとめます。

↓今すぐ『シンドラーのリスト』を定額見放題で、見たい方はこちらをクリック↓
Movie102

シンドラーのリストの動画配信・レンタル情報

『シンドラーのリスト』を視聴できる主なVODサービスは、合計4社(定額見放題2社、レンタル2社)です。

動画配信サービスには無料お試し期間があるサービスもありますので、お得に観られる方法もあります。是非無料期間合わせてチェックしてみてください!

『シンドラーのリスト』が観れるVODサイト

動画配信サービス
シンドラーのリスト
月額料金
無料期間
Hulu
993円
14日間
Amazonプライム
500円(税込)
30日間
dTV
500円
31日間
U-NEXT“"
1990円
31日間
FOD
888円
31日間
TSUTAYA TV
933円
30日間
au/ビデオパス
562円
30日間

◎:無料で見れる(見放題やポイント利用含む)
△:課金して見れる(レンタル)
-:見れない

※注:2020年1月現在の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

『シンドラーのリスト』感想

0211 2

超名監督スピルバーグの作品です。

多くの人々が楽しめると同時に、奥行きのある内容を量産する点で勝手に東野圭吾と共通点を見出してますw

.
1993年の映画ということで20余年経っています。これぐらい時間があいていると現代と微妙な解釈の違いを感じてしまうものですが私は全く思うことなく。

当時から戦争教育が慎重にまもられてきた証拠なのでしょうか。

映画の終盤にシンドラーはユダヤ人がいかに有用か、かけがえのない大切な働き手だとあつく語るシーンがあり、BGMも感動的なつくりとなっていましたが。。。

スポンサーに無理やりぶち込まれたのかと心配してしまうほど、趣がそがれてしまいました。無念です。

『シンドラーのリスト』あらすじ

1939年9月、ドイツ軍によりポーランドが占領され、ポーランドの都市クラクフもドイツ軍の占領下に置かれた。

ユダヤ人を激しく蔑視するナチス党政権下のドイツ軍はクラクフ在住のユダヤ人に移住を強制し、彼らをクラクフ・ゲットーの中へ追放していた。

そんな中、ナチス党の党員でもあるドイツ人実業家オスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン)が、クラクフの町へやってきた。

彼は戦争を利用してひと儲けすることを目論み、潰れた工場を買い取って琺瑯(ホーロー)容器工場を開設。

有能なユダヤ人会計士イザック・シュターン(ベン・キングスレー)に工場の経営を任せ、「安価な労働力」としてゲットーのユダヤ人を雇い入れ、また持ち前の社交性でSSの将校に取り入って自らの事業を拡大させていった。

しかしやがて冷酷なSS将校アーモン・ゲート少尉(レイフ・ファインズ)がクラクフ・プワシュフ強制収容所の所長としてクラクフに赴任して来る。

ゲートとその部下のSS隊員達は、ゲットーや収容所でユダヤ人を次々と殺戮していく。

シュターン初め、シンドラーの工場で働くユダヤ人たちにも危機が迫る中、金儲けにしか関心がなかったシンドラーの心境に変化が生じていく。

そして彼はあるリストの作成を決意する。