➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
駅伝・マラソン

【2017日本学生ハーフ】神奈川大鈴木健吾が好タイムで優勝

びわ湖毎日マラソンで一色が騒がれている中、日本学生ハーフが行われました。そして箱根駅伝2区での快走が記憶に新しい、神奈川大の鈴木健吾が好タイムの圧勝で初優勝しました。

それでは結果をどうぞ〜!

0306_1

第20回 日本学生ハーフマラソン選手権大会

0306_2
       引用:立川シティハーフマラソン 公式HP

第20回日本学生ハーフマラソン選手権は、2017年3月5日(日)に陸上自衛隊立川駐屯地~国営昭和記念公園で開催されました。

総合結果

1位 鈴木健吾 神奈川大 1:01:36 大会記録
2位 工藤有生 駒澤大学 1:02:15
3位 片西 景 駒澤大学 1:02:34
4位 下 史典 駒澤大学 1:02:36
5位 橋詰大慧 青山学院 1:02:46
6位 川端千都 東海大学 1:02:47
7位 永戸 聖 山梨学院 1:02:52
8位 山本修二 東洋大学 1:02:56
9位 森田歩希 青山学院 1:03:02
10位 館澤亨次 東海大学 1:03:14


>>箱根区間賞の神奈川大・鈴木、ハーフ圧勝で台北ユニバーシアード内定|報知

神奈川大鈴木の圧勝でした。現在の学生長距離界では飛び抜けた存在になりつつあります。更に大会新記録でした。タイムも物凄く優秀で、ハーフマラソン学生歴代7位というすごいタイムです。

他にもトップ5に3人入った駒澤大学の強さも目立ちました。箱根の雪辱をこのレースでやったという感じがします。あとは、青学と東海も状態が良さそうです。主力が出てきてませんが、確実に底上げが進んでいます。

関連記事:【2018 箱根駅伝への道】大学三大駅伝の出雲・全日本・箱根はいつ?出場校は?