➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
駅伝・マラソン

「三代目山の神」こと神野大地は2017年福岡で初マラソン決定。

青学の箱根駅伝初優勝・2連覇に貢献した、「三代目山の神」こと神野大地が、2017年の福岡マラソンで初マラソンに挑戦することが発表されました。

「初代山の神」今井正人はマラソンでも好記録を残しているので、神野大地の快走を今からめちゃくちゃ期待したいと思います。

0304_11

神野大地とは?!

1993年9月13日生まれ。愛知県津島市出身。中京大中京高校卒業後、青山学院大学に入学。現在コニカミノルタ所属。

2015年箱根駅伝5区において、1時間16分15秒という驚異的な区間新記録を打ち出し、2位の明治大学に4分59秒の大差をつけ、大学史上初の往路優勝に貢献しました。そしてその時から「三代目山の神」と呼ばれるようになりました。

0304_10

神野大地、福岡国際出場表明

「3代目・山の神」こと神野大地(23歳)が、2017年の12月の福岡国際でマラソン初挑戦することを正式に表明しました。

 現実的なターゲットは2時間8分59秒と話しました。その上で、初マラソンで日本記録(2時間6分16秒)という強い気持ちを忘れずに臨みたい」と力強く話した。

 青学大の1学年後輩の一色恭志(4年)は、3月5日のびわ湖毎日で2度目のマラソンに挑む。「3年間、一緒に練習をやって、一色が能力があることはよく分かっています。一色の存在は刺激になる。明日(5日)、一色が好走してくれれば僕も燃えます」と神野はマラソン経験では「先輩」となる「後輩」の活躍を期待した。

引用:報知新聞

関連記事:初マラソン歴代記録

2017年福岡マラソン

開催要項

日時:2017.12.3予定
公式HP:http://www.fukuoka-marathon.com