2017/10/5 更新

2017年お正月の箱根駅伝も終わり、各校は2017年シーズンへ向けて動き出しました。

2017年の大学生の大きな大会と言えば、関東IC・日本IC・ユニバーシアード、そして三大駅伝です。

今回は、各大会と三大駅伝の日程(2017-2018)や出場校、有力選手・大学をまとめました。

では、どうぞ〜〜!!

takalab_0116_1

【目次】
1.関東インカレ
2.ユニバーシアード
3.日本インカレ
4.出雲駅伝
5.全日本大学駅伝
6.箱根駅伝


関東インカレIC

正式名称:第96回関東学生陸上競技対校選手権大会
日程:5月25日〜28日
場所:日産スタジアム

関連記事:2017関東インカレ結果速報

東海大の館澤・關・鬼塚、順天堂大の塩尻、栃木、神奈川鈴木の充実ぶりが目立ちました。また法政の坂東が急成長。明治の坂口の復活も嬉しいところ。


ユニバーシアード

正式名称:第29回ユニバーシアード競技大会
大会期間:8月19日(土)~30日(水) 場所:チャイニーズタイペイ・台北市

関連記事:第29回ユニバーシアード(2017年) 日本選手結果速報

10000mで塩尻が銅、ハーフマラソンでは、駒澤片西・工藤、神奈川鈴木で表彰台独占。素晴らしい結果です!


日本インカレ(IC)

正式名称:天皇賜盃第86回日本学生陸上競技対校選手権大会
日程:9月8日〜10日
場所:福井運動公園陸上競技場

関連記事:日本インカレ結果速報 (1500m・5000m・10000m・ハーフマラソン・3000mSC)


大学駅伝2017-2018シーズン 大学三大駅伝

第29回出雲全日本大学選抜駅伝競走の日程&出場校

0918_1_izumo

チェック 日程:2017年10月9日(月・祝)予定
チェック コース:6区間、45.1km 予定
チェック 公式HP(2017年):第29回出雲全日本大学選抜駅伝競走


出雲大社をスタート地点として、出雲市内を走る駅伝大会です。日程は毎年体育の日で、今年は10月9日の予定です。

コースは6区間、45.1kmのスピード駅伝。出雲大社前をスタートし市内を一周して出雲ドームがゴール地点となります。シード校は前年の結果の上位3校。

優勝:青山学院大学
2位:山梨学院大学
3位:東海大学

選抜駅伝ということで予選会はなく、各地区の推薦で出場大学は決定します。箱根駅伝の上位10校や、各地区の駅伝大会上位校は地区推薦校として、出場校が決定します。


関東地区代表(10)

関東学連からの推薦校は箱根駅伝の上位10校です。2017年1月の箱根駅伝で出場チーム10校が決定しました。シード校2校が含まれています。

1位:青山学院大学
2位:東洋大学
3位:早稲田大学
4位:順天堂大学
5位:神奈川大学
6位:中央学院大学
7位:日本体育大学
8位:法政大学
9位:駒澤大学
10:東海大学

箱根駅伝のシード権も逃した、日大や明治は出場権を逃しました。

東海地区代表

前年12月4日に開催された第78回東海学生駅伝対校選手権大会の優勝校です。
・岐阜大学

関西地区代表

関西地区代表は全日本大学駅伝の予選会の上位校が推薦されます。
・関西学院大学
・立命館大学

中国四国地区代表

前年12月4日に開催された第59回中国四国学生駅伝競走大会の優勝校です。
・広島経済大学

九州地区代表(2)

前年12月3日に開催された第34回九州学生駅伝対校選手権大会の上位2校です。
・第一工業大学
・日本文理大学

学連選抜(4)

これらの大学に加え4地区の学連選抜とアイビーリーグ選抜が出場する予定です。

・北海道学連選抜
・東北学連選抜
・北信越学連選抜
・中国四国学連選抜
・アイビーリーグ選抜


優勝予想&結果

優勝:東海大学
2位:青山学院大学
3位:日本体育大学
4位:順天堂大学
5位:東洋大学
6位:神奈川大学
7位:駒沢大学
8位:中央学院大学
9位:早稲田大学

>>東京五輪世代のランナー達は快走するか?!優勝予想してみます。
>>2017 出雲駅伝。結果速報。東海大学強し!


2016年大会結果

関連記事:【2017箱根駅伝への道・出雲駅伝】結果速報。青山学院連覇!


秩父宮賜杯 第49回全日本大学駅伝対校選手権大会の日程&出場校

a2ddbd3a.png


チェック 日程:2017年11月5日(日) 予定
チェック コース:8区間、106.1km
チェック 公式HP(2017):第49回全日本大学駅伝対校選手権大会

毎年11月の第一日曜日に開催される全日本大学駅伝はその名の通り大学男子駅伝日本一を決定する大会です。箱根駅伝は、テレビで日本中が観るお正月に放映されるため、一番大きい学生駅伝と思われがちですが、実際は関東ローカル大会なので日本全国から大学が集まるのは、この大会と出雲駅伝の2つの大会のみです。

名古屋市の熱田神宮から伊勢市の伊勢神宮内宮宇治橋前まで8区間、106.8kmのコース。前回大会6位までの大学にシード権が与えられます。

優勝:青山学院大学
2位:早稲田大学
3位:山梨学院大学
4位:駒澤大学
5位:中央学院大学
6位:東洋大学


北海道地区代表(1)

・北海道大

東北地区代表(1)

・東北大

関東地区代表(9)

・神奈川大 3時間56分16秒
・東海大  3時間56分57秒
・国学院大 3時間57分43秒
・大東文化 3時間57分49秒
・法政大  3時間58分10秒
・帝京大  3時間58分34秒
・明治大  3時間58分40秒
・順天堂大 3時間58分40秒
・城西大  3時間59分05秒

関連記事:2017全日本大学駅伝の関東予選会について(出場校や出場メンバー、結果など)。

東海地区代表(2)

・愛知工業大
・皇學舘大

北信越地区代表(1)

・新潟大

関西地区代表(3)

・関西学院大
・立命館大
・京都産業大

中国四国地区代表(1)

・未定

九州地区代表(1)

・第一工大

優勝予想&結果

優勝:5゚12'49" 神奈川大
2位:5゚14'07" 東海大
3位:5゚15'22" 青山学院大
4位:5゚15'59" 駒澤大
5位:5゚16'29" 東洋大
6位:5゚17'59" 中央学院大
7位:5゚19'08" 早稲田大
8位:5゚19'39" 帝京大
9位:5゚20'32" 山梨学院大
10位:5゚20'59" 法政大
11位:5゚21'26" 國學院大
12位:5゚21'34" 順天堂大
13位:5゚22'31" 城西大
14位:5゚24'04" 大東文化大
15位:5゚25'02" 明治大

東海2冠目奪取なるか?!それとも青学が連覇するか?!優勝予想してみます。
2018全日本大学駅伝、結果速報


2016年大会結果

関連記事:【2017箱根駅伝への道・全日本大学駅伝】結果速報。青山学院初優勝!


第94回東京箱根間往復大学駅伝競走の日程&出場校

893b0c2a.png


チェック 日程:2018年1月2日・3日(火・水)
チェック コース:10区間、217.1km
チェック 公式HP(2016年):第93回東京箱根間往復大学駅伝競走

三大大学駅伝の締めくくりは箱根駅伝。関東ローカル駅伝ですが最もメジャーで人気の駅伝大会です。箱根駅伝は毎年1月2日・3日に開催されます。コースは東京・大手町から箱根芦ノ湖を往復、往路5区復路5区の217.1km。


シード校は前回大会の上位10大学

1位:青山学院大学
2位:東洋大学
3位:早稲田大学
4位:順天堂大学
5位:神奈川大学
6位:中央学院大学
7位:日本体育大学
8位:法政大学
9位:駒澤大学
10:東海大学


予選会通過10校

その他の出場校は2017年10月14日の予選会で決定します。

2016年予選会の結果:【2017箱根駅伝への道】予選会終了。大東文化1位通過。中央連続出場ストップ。日大は滑り込み。


2017年大会結果

>>【2017 箱根駅伝 往路】青山学院が往路優勝。3連覇へ好発進。
>>【2017 箱根駅伝 復路】青山学院が3連覇&3冠達成。復路も制して完全優勝。


2016年大会結果

>>【2016 第92回 箱根駅伝】往路統括
>>【2016 第92回 箱根駅伝】箱根駅伝 復路統括




 ▼ 人気記事 ▼