➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
ガジェット

【Anker】 USB-C搭載「PowerCore Fusion 10000」が2019年1~3月に出るよ!

超重宝している、ACアダプターと、モバイルバッテリーが2in1になったAnker(アンカー)の「PowerCore Fusion 5000」。

家ではACアダプタ、取り外せばモバイルバッテリーと、日々持ち歩ける充電アイテムとして常にカバンの中に入れています。

そんな中、11月29日に行なわれた「Anker Power Conference」にて、上位モデル「PowerCore Fusion 10000」が発表されたようです。しかも、念願かなったUSB-Cポートの搭載です。更に容量も倍増の10,000mAhです。

ガジェット製品の多くは「USB-C」

Androidスマホの多くは、既にUSB-Cです。「iPad Pro」もUSB-Cになりました。そしてMacBookシリーズもUSB-C。

もう世の中のガジェットは、USB-Cへとシフトしています。今までの「PowerCore Fusion 5000」も便利なのだけど、USB-Cがありませんでした。

ほんとそこだけがネックだったので、嬉しいです。

「PowerCore Fusion」比較

PowerCore Fusion
5000
10000
サイズ
約72x70x31mm
約80x76x45cmm
重さ
約189g
約235g
バッテリー容量
5000mAh
10000mAh
ポート
USB-A x2
USB-A x1
USB-C x1
価格
2,999円
4,999円
発売時期
発売中
2019年1~3月予定

「Anker PowerCore Fusion 10000」は、「PowerCore Fusion 5000」の、2in1としての使いやすさはそのままに、バッテリー容量を2倍、ポートをUSB-A・USB-Cにブラッシュアップした仕様となっています。

また嬉しいのが、容量が2倍であるにもかかわらず、重さは1.2倍しか変わらない点です。大きさも1.1倍程度しか変わりません。

発売されるのが待ち遠しいです(^^)