ゲーム

【2021年】新型Nintendo Switchの変更点一覧

2021年7月6日、Nintendo Switchの新モデルが発表されました。

名称は「Nintendo Switch 有機ELモデル」

気になる変更点をまとめました。

新型Nintendo Switchの発売日と価格

発売日:2021年10月8日

価格:税込37,980円。

初代のNintendo Switchは、税込32,978円だったので、5,002円程高くなっています。

気になる変更点1. ディスプレイが液晶から有機ELに

名称のとおり、ディスプレイが液晶ディスプレイから有機ELになりました。

有機ELになることで、黒がちゃんとした「黒」になるなど、色がはっきり描画されることで映像が鮮やかになりました。

液晶ディスプレイは、バックライトを使う方式なので、黒色部分でもバックライトの光が漏れて明るい黒になってしまっていました。ですので、これは個人的には嬉しい改善です。

気になる変更点2. ディスプレイが6.2から7インチに

ディスプレイのサイズが、6.2インチから7インチに拡大しています!

ベゼルを狭くしたことによる拡大なので、本体サイズは殆ど変わっていません!

有機ELモデルの本体サイズは、縦102mm、横242mm、厚さ13.9mmで、初代と比べると横が3mm長くなっているだけです。

解像度は1280×720ピクセルで変わらずなので、ディスプレイ拡大により、ドットが少し大きくなっています。ただ、特に気になるほどではないです。

ソフトは全て遊べる

初代のNintendo Switchで遊べていたソフトは全て遊べます。

ただし、一部のNintendo Laboシリーズでは、ゲーム体験が多少変わるようです。

画面サイズが変わったので、VR辺りの見え方が変わってきています。

気になる変更点3. 有線LANが追加

Nintendo Switchドックに有線LANを接続できるようになりました。

ネット対戦ゲームは、ネットの通信環境が安定していないと不利なので、有線LANで安定した通信環境を実現できるようになったのは嬉しいです。

気になる変更点4. カラーバリエーション

カラーは、「ネオンブルー・ネオンレッド」と「ホワイト」の2色になります。

「グレー」は無くなりました。

気になる変更点5. 背面スタンドがフリーストップ式で幅が広くなった

携帯モードで、画面を机に立てるために固定スタンドが付いていますが、初代は固定式なのに対し、有機ELモデルは角度を無段階で自由に固定できるようになりました。

気になる変更点6. 本体メモリーが32GBから64GBへ

本体に保存できる容量が、32GBから64GBへ増えました。

遊ぶゲームの数を絞れば本体容量だけでも十分な感じになりましたが、たくさんの種類のゲームを常に遊びたい人は未だにmicroSDカードが必須かと思います。

気になる変更点7. スピーカーの性能アップ

スピーカーの性能の詳細は不明ですが、新しくなったことでサウンドがクリアになったようです。

気になる変更点8. 重さが398gから420gへ

重さは398gから420gへ増え、少し重くなりました。

バッテリー持続時間は変わらず

バッテリーの持続時間は、4.5~9時間と、初代のSwitchと変わりません。

詳細な容量の情報は発表されていません。

さいごに:新型Nintendo Switchについて

値段は高くなりましたが、有線LANの追加など、ガチでゲームを遊びたい人には嬉しいアップデートになっています。

発売日が待ち遠しいですが、半導体不足による生産数の減少や、転売ヤーによる買い占めなど、買えるか心配です・・・

またNintendo Switchの転売が問題になると思われます。

↓初代Switch

created by Rinker
任天堂
¥32,150
(2021/09/27 10:22:23時点 Amazon調べ-詳細)