2018/2/9 更新

(注意)スポナビライブは2018年5月で終了になりました。
関連記事:スポナビライブ終 了。。。2018年のスポーツ中継はDAZNの1強へ!

昨今、ソフトバンクが大々的に手がける「スポナビライブ」やJリーグ独占放送決定で話題になった「DAZN」などによる、スポーツ専用の動画配信サイトが、一気に普及してきました。

それに伴い、今まで観てきたサッカーの視聴環境も、かなり大きく変わったので、ここで一回整理したいなと思いました。

どの環境で、何が観れるのか?観たいリーグはどれを契約すればいいのか?など、複雑になったサッカー視聴環境をまとめます。

それではどうぞ〜!

0320_1


サッカーファンにとって最適な組み合わせは?!

リーグ
スカパー!
サッカー
セット

スカパー!
欧州サッカー
セット

DAZN
スポナビ
Jリーグ
-
-
-
天皇杯
-
-
-
ルヴァン杯
-
-
-
ACL
-
-
-
-
プレミア
リーガ
-
-
ブンデス
-
-
セリエA
注1
-
リーグアン
-
-
-
CL
-
-
EL
-
-
メキシコリーグ
?注2
?注2
-
-
au
2980円
(税込)
3980円
(税込)
1890円
(税込)
1598円
(税込)
ソフトバンク
2980円
(税込)
3980円
(税込)
1890円
(税込)
1058円
(税込)
docomo
2980円
(税込)
3980円
(税込)
1058円
(税込)
1598円
(税込)

◎:独占or全試合生放送、◯:全試合放送、△:一部試合放送


注1:DAZNはセリエAの全試合生の映像を提供していますが、ミランとインテルの試合は録画放送になっています。

注2:フジテレビONE、TWO、NEXTにて、本田圭佑が電撃移籍したメキシコリーグのパチューカのホームゲーム全試合とアウェーゲームの一部の試合が放送されることが決定しています。ただスカパーのサッカープランにどう組み込まれるかは、まだ発表されてません。

「スカパー!」とは別に契約する「WOWOW」は、リーガの一部試合のみを放送しているため、サッカーだけに限って言えば「スポナビライブ」でカバーしきれます。

よって網羅的かつお得に世界各国のサッカーを楽しむには、

・「スカパー!サッカーセット
・「DAZN
・「スポナビライブ

の3つを組み合わせが最適ではないだろうか。

上記の3つを通常料金で契約した場合の合計額は1ヶ月あたり6468円(税込)になります。

DAZN」の利用料金が優待されるドコモのユーザーは合計5636円、「スポナビライブ」の利用料金が安くなるソフトバンクのユーザーは合計5928円となり、毎月の支払額がよりお得になります。

また、ACLやエールディビジは別契約となるため、上記の組み合わせでは見られません。。。 (ACLはCSの日テレジータス 、日テレNEWS24での放送)


テレビで楽しむためには。

いずれのサービスにもテレビやスマートフォン、タブレットといった多様な視聴方法が用意されています。

これまで通りサッカーをテレビで楽しみたい場合は、「Amazon Fire TV」シリーズのような機能拡張端末などをHDMIケーブルでテレビに接続すれば、視聴出来ます。

関連記事:テレビで観るために必要な準備。快適に観るためには?!


各媒体を詳しく

それでは、ここからは各媒体を詳しく紹介していきます。

スポナビライブ

0320_3

(注意)スポナビライブは2018年5月で終了になりました。
関連記事:スポナビライブ終 了。。。2018年のスポーツ中継はDAZNの1強へ!

✔ リーガとプレミアを全試合生中継
✔ サッカーの他にも、プロ野球・テニスなどコンテンツが充実
✔ ソフトバンクユーザーは、月額1058円(税込)
✔ Jリーグ、CL、ELは観れない。。。

ソフトバンクとヤフーが運営している動画配信サイトで、2016年からスタートしました。月額見放題のサービスで、サッカーの他にプロ野球やテニス(グランドスラム含む)など、色々な競技の配信をしています。

その中でもサッカーは、メインコンテンツの一つで、世界中で人気の高い「リーガ・エスパニョーラ」と「プレミアリーグ」の全試合を生中継しています。いずれも全試合中継しているのはスポナビライブのみとなっています。

ただ逆を言えば、リーガとプレミア以外は放送していないので、若干物足りないと感じる人もいるかもしれません。

更に、携帯がソフトバンクなら月額1058円(税込)と安くなっているのも特徴です。それ以外は1598円(税込)ですが、それでも十二分に安いと思います。

>>スポナビライブの公式サイト


DAZN

0320_4

✔ Jリーグを独占放送
✔ 他の競技も海外を中心に充実
✔ docomoユーザーは月額1058円(税込)
✔ 回線状態が悪く、配信停止が時々起こる。。。

イギリスのパフォームグループという企業が運営する動画配信サイトです。日本では、Jリーグと10年間で2100億円という巨額の放映権契約を交わしたことで一躍有名になりました。

配信コンテンツの最大の特徴は、J1~J3の放送を唯一見られる媒体ということです。これまで長年放送を行っていたスカパー!にサブライセンスを与えなかったことで、DAZNだけが視聴可能になっています。

またJリーグ以外にも、ブンデスは全試合、リーガ(毎節5試合以内)、セリエA、ワールドカップ予選も網羅しており、さらにサッカー以外でもUFCやアメリカの4大スポーツなどを配信しています。

配信コンテンツ数で見れば凄いのですが、海外サービスということもあってか、国内コンテンツは意外とJリーグくらいしか目玉になっていないのが難点です。。。

元々、月額料金は1890円(税込)で一定だったのですが、NTTドコモと提携したことで、ドコモユーザーなら月額1058円(税込)となりました。スポナビライブとほぼ同じ料金体系で、値段も比較的安いので、Jリーグ目当てだけで契約しても納得の行く価格帯になっています。

>>DAZNの公式サイト

(追記)
2018/19シーズンからCLを放送することが決定しました。

関連記事:2018年夏からのチャンピオンズリーグ(CL)はDAZNで放映!ヨーロッパリーグ(EL)も!


スカパー

0320_5

✔ 海外サッカーを幅広く提供している
✔ 値段が高い。。。

スカパーの特徴としては、「欧州サッカーセット」を契約すればCLを含む海外の主要リーグを満遍なく追えることです。逆に、CL以外は全試合の中継ではなく、特定のリーグを重点的に見たいという場合には不向きかもしれないです。

またスポナビ・DAZNなどでは、サッカーはいくつかの競技の一つという扱いですが、スカパーの場合はサッカーに特化して見れるにも関わらず、値段が割高というのが非常にマイナス要素です。

>>スカパー!公式サイト

(追記)
2018/19シーズンから、CL/ELの放送がなくなります。逆にドイツ・ブンデスリーガの放映が決定しています。

関連記事:2018年夏からのチャンピオンズリーグ(CL)はDAZNで放映!ヨーロッパリーグ(EL)も!


さいごに

様々なチャンネルやサービスが乱立してわかりにくい状況になっていますが、しっかりと精査すればお得に世界中のサッカーを楽しめる環境ができあがってきたとも言えます。各自、観たいリーグで、是非楽しいサッカーライフを!

最後に、各媒体のリンクを掲載します。

>>スポナビライブの申込はこちらから
>>DAZNの申込はこちらから。
>>スカパー!の申込はこちらから。



 ▼ 人気記事 ▼

▼ 仮想通貨関連の記事もよく読まれています ▼





おすすめ記事

1. スポナビ・VOD関連の記事まとめてます → スポナビ・VOD関連の記事まとめ
2. 箱根駅伝関連の記事まとめてます → 箱根駅伝関連の記事まとめ
3. 高校駅伝関連の記事まとめてます → 高校駅伝関連の記事まとめ
4. テニス関連の記事まとめてます → テニス関連の記事まとめ

随時更新中

超絶面白い「スポーツ漫画」を厳選紹介するよ
『スターウォーズ (STAR WARS)』文庫本・アメコミの歴史