VOD

おすすめの定額制動画配信は?Amazon?Hulu?FOD?VODサービスを比較

昨今、VODと呼ばれる月額定額制のネット動画配信サービスがTVを凌駕してきました。

独自の番組だったり、ちょっと古い映画だったり、終わったばかりのTVドラマなどを配信しています。

ただAmazonだったり、Huluだったり、FODなどちょっと種類が多すぎて、どれを選択したらいいか分からなくて困ります。

ということで、今回は定額制動画配信(VOD)サービスの比較検討してみて、どれがあなたに適しているか書きます。

動画配信サービス「VOD」とは?!

まず「VOD(ビデオ・オン・デマンド)」とは、インターネット回線などを通じて、映画やドラマ、バラエティー番組といったさまざまな動画コンテンツを配信するサービスのことです。

視聴者は、スマホやタブレット、PCで観ることが出来ます。またHDMIケーブルを使用してテレビに繋いだり、FireTVやappleTVを使用してTVで観たりすることも出来ます(詳しくは後述)。

日本では、Hulu(フールー)が進出したことにより、その存在がかなり広く知られるようになりました。

動画配信サービス比較

媒体
コンテンツ数
料金
Amazon
プライム
1万以上
(正式にでてない)
月額325円
(年会費3900円)
Hulu
1万3千本以上
月額933円
(税抜)
DMM見放題
chライト
7千本
月額540円
(税抜)
dTV
10万本
月額500円
(税抜)
U-NEXT
10万本以上
月額1990円
(税抜)
FOD
プレミアム
250本以上の
フジテレビ名作ドラマ
月額888円
(税抜)
TSUTAYA
DISCAS
約1,800本
月額933円
(税抜)
auビデオパス
約1万本
月額562円
(税抜)
楽天SHOWTIME
13万本以上

各媒体を比較してみましたが、どのプラットフォームを選んだらいいのか比較すればするほど、1つに絞りにくいかもしれません。

価格では配送特典の中で見放題サービスを受けることができるAmazonプライムがひとり勝ちです。しかしジャンルが豊富なHulu、作品数では国内最大級のdTV、世界で圧倒的シェアを誇るNetflixにも惹かれます。

そんな「選びたいのに選べない」というときの鍵はやはり、お金を払ってまで見たくなる番組があるかどうかでしょうか??

各媒体ともそれほど大きな差はないので、もしあなたがどれを選択するか迷っているならば、あなたが観たいと思わせるコンテンツがあるサービスを選択してみてはいかがでしょうか?

Amazonプライム

takalab_0119_1
       引用:アマゾンプライム

Amazonプライム会員(年間3900円)なら、追加料金なしで「プライムビデオ」を使用でき、映画やTV番組が見放題になります。更に「PrimeMusic」では100万曲以上が聴き放題。更に更に、お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題と、めちゃくちゃ便利なサービスです。

メリット

・Amazonプライム会員(年会費3900円)なら追加料金無しで見放題。
・限定作品が有る。
 ・浜田・千原ジュニアの戦闘車
 ・松本人志のドキュメンタル
 ・ウォーキングデッドのスピンオフなど。
・Full HD画質、4K UHD画質対応作品も有る。
・5.1chサラウンドシステムにも対応。
・AKB48作品がもの凄く充実。
・事前ダウンロードでオフライン再生が可能。
・同時に2人まで視聴可能。

デメリット

・他社に比べると、まだまだ作品数が少ない。プライム会員のオマケ程度という位置づけととる人も。
・海外映画は字幕対応がほとんど。吹替え作品も少ない。

関連記事:Amazonプライム会員の特典メリット14個 全まとめ – プライムビデオ・Prime Musicなど

Hulu

takalab_0119_2
       引用:Hulu

ハリウッド映画や海外ドラマを観るなる文句なくHule一択です。月額933円で全てのタイトルが見放題。

いろいろと他社と比べるとデメリットは多いですが、海外ドラマ数が断トツに多く、視聴感も優れていて充実度が非常に高いです。海外ドラマ好きならばHuluを選択するべきです。

メリット。

・全てが見放題作品という、分かり易い料金プラン
・海外ドラマ・国内ドラマの作品数が多い。
・オリジナル配信作品も多い。HBO社との独占契約の強み。
・アニメ、バラエティ番組、音楽ライブとジャンルも徐々に増えてきている。
・日テレ系のコンテンツは特に強い。

デメリット

・映画が少なく、特に新作映画は期待できない。
・吹替え対応作品は、まだまだ少ない。
・複数端末での同時視聴は不可能。
・画質はHD画質まで、サラウンドオーディオ5.1chにも未対応
・無料期間が2週間と他社に比べ短い。

DMM見放題chライト

takalab_0118_4
       引用:DMM見放題chライト

月額540円で7000タイトル以上が見放題。他媒体と比べると非常に格安。またDMMといえば、男が大好きなムフフな動画も種類が豊富。その数2000本。

メリット。

・圧倒的に安い
・7000タイトル以上見放題(内ムフフ2000本)
・最初の2週間無料

関連記事:【口コミ】DMMも動画配信サービスを開始。月額540円は安い。

dTV

takalab_0118_5
       引用:dTV

業界最大規模です。映画・ドラマ・アニメ・音楽など、18ジャンル約12万コンテンツが月額540円とリーズナブルな金額で楽しめます。初回31日間は無料。

メリット。

・12万以上の作品が見放題
・dTVでしか見られないプレミアムコンテンツがいっぱい!
 ・「ゴッドタン」dTVオリジナル
 ・「闇金ウシジマくん」オリジナルドラマ
・ファッション専門チャンネル「FashionTV」を日本独占配信!
・音楽コンテンツも充実。人気アーティストのライブ映像やミュージックビデオも配信。
・最初の31日間無料
・DLが可能。DLすれば、いつでもどこでも視聴可能
・ファッション専門チャンネル「FashionTV」を日本独占配信

ちなみにスポーツ配信サイト「DAZN」とダブル契約すると200円オフになります。

0208_1
       引用:docomo

U-NEXT

takalab_0119_7
       引用:U-NEXT

元祖国内最大級の動画配信サービスと言えばU-NEXTです。「U-NEXT光」と合わせて提供を開始したサービスで、U-NEXT光を利用していれば併せて使用したサービスです。

メリット。

・月額1990円には、1000円分のPPVポイント(レンタル代)も含まれるので、新作も観れる
・NHKオンデマンドと提携。NHKコンテンツが豊富。
・NHK見放題パックに、PPVポイント利用が可能。
・ファミリーアカウントで最大4人まで同時視聴可能。
・U-NEXTポイントは映画館にも利用可能。
・動画だけでなく絵本も雑誌も見放題。
・ブルーレイ並の画質、1080pのフルHDにも対応。
・国内初のドルビーオーディオ採用。7.1chも提供可能。
・無料期間は31日間。

FOD(フジテレビオンデマンド)

takalab_0118_6
       引用:FOD

フジテレビが独自サービスでVOD本格参入。FODプレミアムなら初月無料。過去にフジテレビが制作したドラマや、バラエティ番組はもちろん、アニメや映画などが見放題です。TVで放送中の最新ドラマも随時加わってます。

メリット。

・250本以上のフジテレビ名作ドラマが見放題
・フジテレビのバラエティも豊富。もう一度観たい方にオススメ
・FODプレミアムなら初月無料
・フジテレビドラマだけでなく、バラエティ番組、洋画や邦画、海外ドラマも見放題。
・オリジナル動画も多く有り、アナウンサーコンテンツも豊富。
・フジテレビ番組のほとんどがFODでしか視聴できない。
・FODの有料会員は雑誌も見放題。

TSUTAYA TV

takalab_0119_4
       引用:TSUTAYA TV

レンタルビデオの最大手といえばTSUTAYA(ツタヤ)です。ネットの宅配DVDサービスは「TSUTAYA DISCAS」というのがありますが、他社同様に「TSUTAYA TV」という動画配信サービスもあります。月額933円(税抜)で、TSUTAYAのほぼ全ての動画を観れます。毎月付与される動画ポイント(1080pt)で新作も観ることが可能。

メリット

・見放題だけでなく、1080円分の視聴ポイントが付与。
・見放題作品約1800本
・30日間の無料トライアルがある。

デメリット

・作品数が圧倒的に少ない。TSUTAYA DISCUSの方が圧倒的に作品数が多い。
・対応端末が非常に少ない。
・作品のほとんどがSD画質。HD画質はテレビアプリのみ対応。

auビデオパス

takalab_0119_5
       引用:au公式/ビデオパス

月額562円(税抜)で映画やドラマ・アニメを観ることができます。初回30日間無料。毎月付与されるビデオコイン(540円相当)で新作もレンタル(1本)が可能。マルチデバイス対応で、スマホで見ていた映画の続きをPCやタブレットで観ることもできます。

メリット。

・初回登録後、30日間無料
・毎月ビデオコインが540円相当付与され、最新作を1本追加料金なしで観れる
・会員特典で映画鑑賞もおトク(auマンデイなど)

RAKUTEN TV

takalab_0119_6
       引用:RAKUTEN TV

楽天スーパーポイントが使える楽天の動画配信サービスです。動画配信本数は映画、ドラマ、アニメなど、最新作から定番作まで15万本以上。オリジナルコンテンツも数多くあります。

メリット

・月額基本料無料
・見放題サービスは、コンテンツ(マンスリーパック)によって料金が異なる。
・楽天ポイントが利用できる。

デメリット

・月額280円のスタートパックは、それなりの内容。
・全ての動画がレンタルできるわけでは無い。

スポーツ配信のVODも

上記で紹介した映画やドラマなどの動画配信サービスとちょっと違う形態として、スポーツ中継の配信サービスもあります。

現在の有名所では「DAZN」がそれにあたります。有名どころからマイナースポーツまで幅広く観れますので、気になる方は是非試してみてください。

関連記事:DAZNの登場により複雑になったサッカー視聴環境。おすすめは?!

※スポナビは終了しました。
関連記事:スポナビライブをおすすめできる4つの特徴を徹底的に紹介!スポーツ好きなら契約して損なし!

VOD視聴の仕方

動画配信サービスを観る手段として。
・スマホ、タブレットで観る
・PCで観る
・TVで観る
などがあります。

どれもネットに繋いで、アプリを起動して視聴します。

テレビで視聴する際には「Amazon Fire TV」や「Apple TV」が必要となります。

>>関連記事:【比較】DAZN・VODをTVで観るのに必要な「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」を比較してみた

またスマホなどで観る際は、あなたの速度制限に引っかからないようにWi-Fi環境で視聴することをオススメします。家族で使用する際はそこそこのルーターを使用することを強くオススメします。でないと画質がカクカクしたり、止まったりしたりして、相当イライラすることになります。

↓4人以下で同時接続して動画を観る方にオススメ。

↓ギガ対応品です。ガッツリ動画を観る人はこちらがオススメです。ストレスを感じることはありません。

さいごに。VODはこれからも成長

これからもどんどん成長していくであろうVODの動画配信サービス。

各媒体ともこれからどんどんお金をかけると言われています。大コンテンツ時代です。

・Netflix:コンテンツ80億ドル投資
・Apple:オリジナルコンテンツ10億ドル投資
・Amazon:コンテンツに45億ドル投資
・Hulu:コンテンツに25億ドル投資
・Facebook:10億ドル投資

ここでも情報は随時更新していきたます。