2018/1/27 更新

2017年の都大路は佐久長聖の2度目の優勝で終えました。めちゃくちゃ早い気もしますが、2018年の高校駅伝で優勝するチームはどこか検討してみます。

個人的には、佐久長聖の2連覇&高校記録を狙えるチームに成長できるかが気になっています。

0124_1

この記事は随時更新します。


高校駅伝2018 大会概要

男子:第69回 全国高等学校駅伝競走大会
女子:第30回 全国高等学校駅伝競走大会

日程:2017年12月23日(日)
スタート・ゴール:京都市西京極総合運公園

女子:10時20分~ 5区間 約21.0975km
男子:12時30分~ 7区間 42.195km


2017年は佐久長聖が前回大会の雪辱を果たし倉敷を逆転

2017年の結果はこちらから。
>>結果速報。「佐久長聖」9年ぶり2度目の優勝!

おおかたの想定通りの佐久長聖と倉敷の一騎打ちになりました。

前半は佐久長聖が逃げ倉敷が粘り、3区のニジオカでトップに出るも、佐久長聖の6区鈴木が再逆転。

これで勝負を決しました。佐久長聖は歴代7位の好タイム。


2018年高校駅伝の有力校は?!

14分台の選手で7区間を走れる高校

高校生トップランナーの1つの目安に、5000m自己記録14分台があります。

もし14分台の選手を7人揃えることができれば、穴のない布陣を作ることができ、そしてそんなチームが必然的に優勝候補に躍り出ます。


14分台の選手を7人以上抱えている高校の平均タイムは?!

(2018年1月1日時点の上位7選手平均タイム)
1位:14分20秒 学法石川 (福島県)
2位:14分22秒 佐久長聖 (長野県)
3位:14分27秒 倉敷   (岡山県)
4位:14分32秒 仙台育英 (宮城県)
5位:14分34秒 豊川   (愛知県)
6位:14分36秒 八千代松陰(千葉県)
7位:14分37秒 大分東明 (大分県)
8位:14分37秒 鳥栖工  (佐賀県)
9位:14分39秒 世羅   (広島県)
10位:14分42秒 水城   (茨城県)
11位:14分46秒 須磨学園 (兵庫県)
12位:14分47秒 秋田工  (秋田県)
13位:14分51秒 藤沢翔陵 (神奈川県)


優勝候補になるポイントは?!

ただしホントに優勝を狙うとなると、14分台を7人抱えるだけではだめです。当たり前ですが、その中身が重要だったりします。

実際は、7人いなくても3km区間であれば、中距離選手や3000mで記録を持っている1年生でまかなえたりしますので、実質は「5人5000mでいい持ちタイム」を持つ選手がいれば、優勝・入賞争いをすることができます。

まず重要なのが、1区3区4区の長距離区間。ここを14分10秒以内で3人揃え、残りの5km区間を14分20秒台の選手がいれば、優勝争いは必然とできます。


佐久長聖は2連覇達成出来るか?!

昨年(2017年)の全国高校駅伝を優勝した佐久長聖の今年の主要メンバーは。

・14分11秒48 松崎咲人3(3区 24:21 7位)
・14分15秒66 服部凱杏2(2区 08:06 1位)
・14分16秒65 濱野将基3
・14分21秒29 富田陸空2(5区 08:42 2位)
・14分23秒77 鈴木芽吹2(6区 14:20 1位)
・14分28秒21 宮内斗輝3
・14分34秒92 内堀太一3
---------------------------------------
・14分42秒65 宇津野篤2
・14分47秒52 米山哲弘3
・14分52秒10 堀内晟壱3
・14分52秒29 三島颯太3
・14分53秒85 木村暁仁2

14分台の人数は、学法石川には及びませんが、先程書いたように、中身の質が違います。

既に14分10秒台が3人。20秒台が3人。そして2017年都大路の経験者4人はどれも区間賞並。

恐らく松崎・鈴木・服部はまだまだタイムを伸ばせると思います。3人13分台はありえるかと。

個人的には世羅の高校記録を日本人だけで狙って欲しいです。

関連記事:2015年の世羅の高校記録を破ることはできるのか?!


学法石川は今度こそ?!

2015、16、17年と毎年質の高いチームを編成しするも、結果はイマイチな学法石川ですが。

もちろん2018年度も質は高いです。あとは本番で結果を出すだけのチームです。ほんとに。

・14分12秒93 小指卓也3(7区 14:43 8位)
・14分14秒98 國分駿一3
・14分15秒91 横田俊吾3(4区 23:42 4位)
・14分16秒35 松山和希2(5区 08:45 3位) 
・14分18秒51 櫛田佳希3(6区 14:53 10位)
・14分21秒51 中澤雄大3
・14分40秒92 西槇優祐3
---------------------------------------
・14分41秒24 高槻芳照2
・14分42秒85 宗像 聖3
・14分48秒17 吉田陵雅2
・14分49秒80 関根大地3
・14分50秒22 小玉歩葵3
・14分50秒42 佐久間雄也3
・14分51秒62 古川道斗3
・14分52秒13 大塚稜介3
・14分52秒25 長谷部慎2
・14分54秒29 相原琢人3
・14分55秒86 岩谷 翼3
・14分57秒14 金澤宏哉2
・14分58秒31 鈴木雄翔3

とりあえず、14分台の選手が多すぎ(20人)ですが、質も充分。しかしあくまでトラックの記録。これがロードに直結できれば。

経験者は4人。1区3区で佐久長聖に対抗できるかどうか?!

関連記事:5000m14分台を毎年多く出す「学法石川高校」の練習方針は?!


2年ぶり倉敷の覇権奪回は?!

・13分22秒27 キプラガット2
・14分33秒76 円 健介3(7区 15:41 45位)
・14分35秒15 宍戸来嘉3
・14分36秒83 八木志樹3(6区 14:51 8位)
・14分38秒90 石井大揮2  
・14分40秒63 若林陽大3(4区 23:54 8位)
・14分44秒23 井田 春3
---------------------------------------
・14分44秒24 石原翔太郎2
・14分51秒29 山田拓人3
・14分55秒37 山下空良2

経験者3人に大砲キプラガット。どこまで成長できるか?!


今年は質が高い八千代松陰

2年生 14分08秒38 石井一希2
14分23秒18 佐藤一世2
14分32秒49 中園慎太朗3
14分34秒30 富田峻平3
14分45秒69 白鳥優人3
14分53秒21 早川晃平3
14分53秒74 水村竜己3
---------------------------------------
14分55秒85 西田琉唯3

2年生の2人が既に全国区。全体的に底上げできれば面白いチームになると思われます。


兵庫県勢は?!1 西脇工業

・14分27秒64 藤本珠輝3
・14分33秒50 平田恵大3
・14分38秒98 谷本勇陽3
・14分40秒26 酒井亮太3
・14分48秒58 庭月野颯汰3

現状は厳しいですが、ここは名門校。これからに期待。


兵庫県勢は?!2 須磨学園

・14分28秒64 目片将大3(4区 23:52 6位)
・14分41秒44 三宅友哉3(7区 14:39 6位) 
・14分43秒12 北野開平3
・14分51秒04 坪田開龍3
・14分55秒87 藤原太一3
・14分47秒71 吉原 篤2 (6区 14:57 14位)
・14分52秒90 川端拳史2

こちらも現状は厳しいですが。まだまだ分かりません。


他には

あとは、留学生がいて経験者が豊富な大分東明・豊川の2チーム。プラス、仙台育英、札幌山の手、青森山田も留学生を擁して上位を狙っています。

これからまだまだ戦況は変わってくるはずなので、随時更新していきます。


2018年度の主な大会結果

都道府県大会の結果(上位20校)

都道府県予選・地区大会・記録会など

関連記事:2017高校駅伝。都道府県・各地区大会の結果速報。


都大路前哨戦

日本海駅伝

国体 (2017/10/8)

5000m

少年B3000m

インターハイ結果(2017年7月)

5000m

1500m

3000mSC

都道府県対抗駅伝(1/21)

関連記事:【2018 都道府県対抗駅伝】埼玉が2度目の優勝!設楽悠太が逆転!


1区(7.0km)

01位 19:56 井川龍人  九州学院2
02位 20:00 松崎咲人  佐久長聖2
04位 20:03 田澤廉   青森山田2
06位 20:07 岸本大紀  三条2
11位 20:13 内田隼太  法政二2
14位 20:20 扇育    松浦2
16位 20:30 鈴木創士  浜松日体2
18位 20:32 千守倫央  松山商2
20位 20:34 栁本匡哉  豊川1
21位 20:34 荒生実慧  酒田南2
22位 20:36 島﨑昇汰  大牟田2
23位 20:38 平駿介   白石2
24位 20:39 中西大翔  尾山台2
26位 20:39 中村優吾  西京2
27位 20:40 大澤佑介  樹徳2
28位 20:41 宇留田竜希 伊賀白鳳2
29位 20:42 熊谷奨   大分東明2
30位 20:54 梶山林太郎 世羅2
33位 20:56 高見真拓  出雲工2
37位 21:05 都築勇貴  田辺工2
43位 21:15 富山直弥  京都外大西2
46位 22:33 大呂恵雨  八頭1


4区 5.0km

03位 14:30 小島慎也  大阪2
04位 14:32 宮坂大器  埼玉栄2
09位 14:44 伊豫田達弥 舟入2
11位 14:50 佐藤映斗  九州学院2
12位 14:53 安川元気  鹿児島城西2
16位 14:56 目片将大  須磨学園2
18位 14:58 安田博登  市立船橋2
18位 14:58 中洞将   中京1
21位 15:00 小野恵崇  那須拓陽2
24位 15:03 岩城亮介  豊川2
30位 15:09 羽藤隆成  今治北1
32位 15:11 喜早駿介  仙台育英1
33位 15:12 舩津一帆  智辯カレッジ2
38位 15:19 福田将大  富山商2
39位 15:20 井下大誌  尽誠学園2
42位 15:31 木原昴   八頭2
47位 15:57 金城岳   コザ2


5区 8.5km

03位 25:02 佐藤一世  八千代松陰1
05位 25:23 西久保遼  鳥栖工2
08位 25:26 中澤雄大  学法石川2
10位 25:28 花尾恭輔  鎮西学院1
13位 25:31 若林陽大  倉敷2
19位 25:41 竹村拓真  秋田工2
20位 25:43 葛西潤   関西創価2
20位 25:43 濵地進之介 大牟田2
22位 25:44 前垣内皓大 世羅2
24位 25:50 佐藤俊輔  鶴崎工2
27位 24:54 柏木滉平  白鴎大足利2
31位 26:04 杉本龍陽  札幌日大2
35位 26:23 家吉新大  和歌山北1
36位 26:26 近藤幸太郎 豊川2
38位 26:27 山本恭澄  伊賀白鳳2
39位 26:32 三浦龍司  洛南1


各有力大会

都大路前哨戦の前哨戦。2018春の高校伊那駅伝


さいごに

これからどんどん各地区IH予選、IH本番、記録会等で良い記録が出てくると思いますので、分かり次第随時更新していきます。今年も暮れの都大路を存分に楽しみましょう。


▼ 2018年の高校駅伝関連を書いてます ▼

関連記事:【2018高校駅伝】2015年の世羅の高校記録を破ることはできるのか?!
関連記事:2018高校長距離男子ランキング(3年生)
関連記事:2018高校長距離男子ランキング(2年生)
関連記事:2018高校長距離男子ランキング(1年生)
関連記事:【2017高校駅伝】佐久長聖2度目の優勝。
関連記事:【2016高校駅伝】倉敷初優勝。



 ▼ 人気記事 ▼

▼ 仮想通貨関連の記事もよく読まれています ▼





おすすめ記事

1. スポナビ・VOD関連の記事まとめてます → スポナビ・VOD関連の記事まとめ
2. 箱根駅伝関連の記事まとめてます → 箱根駅伝関連の記事まとめ
3. 高校駅伝関連の記事まとめてます → 高校駅伝関連の記事まとめ
4. テニス関連の記事まとめてます → テニス関連の記事まとめ

随時更新中

超絶面白い「スポーツ漫画」を厳選紹介するよ
『スターウォーズ (STAR WARS)』文庫本・アメコミの歴史