0902_11

2018/8/31 更新

北京オリンピック以来のメダルを、リオオリンピックで奪取した4x100mリレー日本代表チーム(山縣・飯塚・桐生・ケンブリッジ飛鳥)。

その次の2020年の東京オリンピックでの金メダル獲得に向けて、2018年ジャカルタでのアジア大会、2019年10月にドーハで行われる世界陸上は大切な大会となります。

今回は、そのアジア大会で、誰が100m・200mと4継のリレーメンバーになるか?!

候補を検討してみたいと思います。

そして誰が代表になるか?!大会本番はどういう走順で走るか?!まとめていきます。

それではどうぞ〜!


第18回アジア競技大会

開催日:2018年8月25日(金)~8月30日(日)
場所:ジャカルタ(インドネシア)


男子100m有力選手

2017年日本選手権後の記録&結果。
(もし抜けていたのがあったら申し訳ありません。)


桐生祥秀

2014年の日本選手権チャンピオン。現役最速タイム&日本人史上初9秒台(10.01→9.98)の持ち主です。

大会名
日付
種目
タイム
結果
備考
トワイライト
・ゲームス
2017/7/23
100m
10.05(+0.6)
優勝
日本インカレ
2017/9/8
100m
予選
10.18(+4.7)
1着
100m
準決勝
10.14(+2.4)
1着
2017/9/9
100m
決勝
9.98(+1.8)
1着
日本
新記録
静岡国際
2018/5/3
200m
予選
20.69(+1.1)
2着
200m
決勝
21.13(+0.3)
5着
ダイヤモンドリーグ上海
2018/5/12
100m
10.26(-0.5)
9着
セイコーGGP
2018/5/20
100m
10.17(-0.7)
4着
ダイヤモンドリーグ
ストックホルム
2018/6/10
100m
10.25(-0.3)
1着
100m
10.15(+2.0)
2着
日本選手権
2018/6/23
100m
予選
10.15(+0.4)
1着
100m
準決勝
10.16(-0.3)
1着
2018/6/24
100m
決勝
10.16(+0.6)
3着
日本選手権
2018/6/23
200m
予選
20.79(+0.5)
2着
2018/6/24
200m
決勝
20.69(+0.8)
4着
ダイヤモンドリーグ
モハメド6世国際陸上
2018/7/14
100m
10.20(-0.4)
7着
スイス国際
2018/7/18
100m
国内レース
10.13(+0.3)
2着
100m
招待A
10.10(+0.4)
3着

関連記事:2017日本インカレ結果速報!出た9秒台!


山縣亮太

ロンドン五輪・リオ五輪代表。持ち前のスタートダッシュ力で、4継の有力な1走候補。

大会名
日付
種目
タイム
結果
備考
実業団・
学生対抗大会
2017/7/22
100m
10.23(+1.0)
OP
中国5県
2017/8/19
100m
予選
10.08(+2.4)
1着
100m
決勝
10.17(+0.9)
1着
優勝
全日本実業団
2017/9/24
100m
予選
10.18(-0.2)
1着
100m
準決勝
10.20(-0.4)
1着
100m
決勝
10.00(+0.2)
1着
日本
歴代2位
サマー・オブ・
アスレティクスGP
2018/3/22
100m
10.15(+1.5)
1着
織田記念
2018/4/29
100m
予選
10.24(+1.7)
100m
決勝
10.17(+1.7)
優勝
セイコーGGP
2018/5/20
100m
10.13(-0.7)
2着
布勢スプリント
2018/6/3
100m
予選
10.12(+0.7)
1着
100m
決勝
10.12(-0.7)
優勝
日本選手権
2018/6/23
100m
予選
10.13(+0.5)
1着
100m
準決勝
10.19(-0.3)
1着
2018/6/24
100m
決勝
10.05(+0.6)
1着
優勝
ベルギー国際
2018/7/18
100m
10.13(+0.2)
1着
アジア大会
2018/8/25
100m
予選
10.19(-0.1)
2着
2018/8/26
100m
準決勝
10.10(+0.9)
1着
100m
決勝
10.00(+0.8)
3着

>>山縣 9秒997で銅!記録は「10秒00」も自己ベスト更新


ケンブリッジ飛鳥

ジャマイカ人の父を持ち、プロに転向したスプリンター。身長1m80cm、体重76kgのボディは、体脂肪率4.4%と研ぎ澄まされてます。2016年一気に大ブレイクし、日本選手権優勝。そしてリオ五輪では4継のアンカーを務め、ボルトと勝負した男です。

大会名
日付
種目
タイム
結果
備考
世界選手権
2017/8/4
100m
予選
10.21
4組4着
2017/8/5
100m
準決勝
10.25
1組6着
テキサス・リレー
2018/3/31
100m
10.22(+4.1)
織田記念
2018/4/29
100m
予選
10.25(+0.8)
100m
決勝
10.26(+1.7)
2位
セイコーGGP
2018/5/20
100m
10.19(-0.7)
5着
布勢スプリント
2018/6/3
100m
予選
10.12(+0.9)
1着
100m
決勝
10.21(-0.7)
3着
日本選手権
2018/6/23
100m
予選
10.25(-0.4)
1着
100m
準決勝
10.24(-0.3)
2着
2018/6/24
100m
決勝
10.14(+0.6)
2着
カールスタード
2018/7/25
100m
10.15(+2.1)
1着
アジア大会
2018/8/25
100m
予選
10.23(+0.6)
2着
2018/8/26
100m
準決勝
10.36(+0.2)
3着


サニーブラウン

2015年・2017年世界選手権代表。2016年は左大腿部の怪我のため1年を棒に振り、高校を卒業後アメリカの大学へ。2017年の日本選手権で一気にブレイクし、2冠達成。9秒台に1番近い男か?!

大会名
日付
種目
タイム
結果
備考
世界選手権
2017/8/4
100m
予選
10.05
2組1着
2017/8/5
100m
準決勝
10.28
2組7着
世界選手権
2017/8/7
200m
予選
20.52
1組2着
2017/8/9
200m
準決勝
20.43
2組2着
2017/8/10
200m
決勝
20.63
7着
ゲインズビル
競技会
2018/3/30
100m
10.46(+1.4)
ナショナルリレー
選手権
2018/4/27
200m
20.64(+1.4)
大学地区選手権
2018/5/11
200m
予選
途中棄権


多田修平

2017年に一気にブレイクした関学大生。2017年のゴールデングランプリ川崎でロケットスタートをかまし、ガトリンに一目置かれた存在に。山縣と4継の1走争う選手。

大会名
日付
種目
タイム
結果
備考
世界選手権
2017/8/4
100m
予選
10.19
6組4着
2017/8/5
100m
準決勝
10.26
3組5着
ユニバーシアード
2017/8/23
100m
1次予選
10.33(-1.3)
1着
100m
2次予選
10.29(±0.0)
1着
2017/8/24
100m
準決勝
10.27(±0.0)
3着
100m
決勝
10.33(-0.9)
7位
日本インカレ
2017/9/8
100m
予選
10.17(+2.8)
1着
100m
準決勝
10.20(+2.9)
1着
2017/9/9
100m
決勝
10.07(+1.8)
2着
国体
2017/10/7
100m
予選
10.39(-0.1)
1着
100m
準決勝
10.23(+0.5)
1着
100m
決勝
10.22(+0.0)
1着
優勝
奈良市記録会
2018/3/29
100m
10.42(-2.4)
100m
10.29(-0.8)
第2回大阪記録会
2018/4/15
100m
10.35(-0.2)
関西IC
2018/5/10
100m
予選
10.25(+2.5)
2018/5/11
100m
準決勝
10.26(+1.7)
100m
決勝
10.30(-1.5)
セイコーGGP
2018/5/20
100m
10.32(-0.7)
6着
布勢スプリント
2018/6/3
100m
予選
10.34(+0.4)
1着
100m
決勝
10.40(-0.7)
7位
日本学生個人選手権
2018/6/15
100m
予選
10.32(+1.6)
1着
100m
準決勝
棄権
日本選手権
2018/6/23
100m
予選
10.35(-0.3)
1着
100m
準決勝
10.31(-0.3)
3着
2018/6/24
100m
決勝
10.22(+0.6)
5着


飯塚翔太

中央学生時代に2010年世界ジュニア優勝。ロンドン五輪・リオ五輪代表。

大会名
日付
種目
タイム
結果
備考
世界選手権
2017/8/7
200m
予選
20.58
7組1着
2017/8/9
200m
準決勝
20.62
1組5着
全日本実業団
2017/9/24
100m
予選
10.32(+0.5)
1着
100m
準決勝
10.28(+0.7)
1着
100m
決勝
10.24(+0.2)
2着
セイコーGGP
2018/5/20
200m
20.75(+0.9)
8着
布勢スプリント
2018/6/3
100m
予選
10.26(-0.7)
1着
100m
決勝
10.21(-0.7)
2位
日本選手権
2018/6/23
200m
予選
20.55(+0.5)
1着
2018/6/24
200m
決勝
20.34(+0.8)
1着
優勝
コルトレイク
2018/7/14
100m
予選
10.41(-0.2)
2着
100m
決勝
10.31(-0.9)
2着
アジア大会
2018/8/28
200m
予選
21.08(-0.7)
2着
200m
準決勝
20.64(-0.3)
2着
2018/8/29
200m
決勝
20.68(+0.7)
6着


藤光謙司

2017年ロンドン世界選手権4継銅メダリストアンカー!

大会名
日付
種目
タイム
結果
備考
全日本実業団
2017/9/23
200m
予選
21.00(+0.2)
1着
200m
決勝
20.79(+0.0)
3着
セイコーGGP
2018/5/20
200m
20.61(+0.9)
4着
日本選手権
2018/6/23
200m
予選
20.92(+0.8)
4着
2018/6/24
200m
決勝
23.65(+0.8)
8着


宮本大輔

桐生の高校・大学の後輩。洛南高校時代に10.23を出し、大学1年から関東インカレ優勝!

大会名
日付
種目
タイム
結果
備考
織田記念
2018/4/29
100m
予選
10.26(+1.8)
100m
決勝
10.35(+1.7)
4着
セイコーGGP
2018/5/20
100m
10.34(-0.7)
7着
関東インカレ
2018/5/24
100m
予選
10.58(-1.7)
2018/5/25
100m
準決
10.94(-6.4)
100m
決勝
10.11(+3.2)
優勝
アジアジュニア
2018/6/7
100m
予選
10.62(-2.6)
1位
2018/6/8
100m
決勝
10.35(+0.6)
2位
日本選手権
2018/6/23
100m
予選
10.41(+0.1)
2着
100m
準決勝
10.43(-0.3)
7着
U20世界選手権
2018/7/10
100m
予選
10.50(+1.1)
2着
2018/7/11
100m
準決勝
10.33(+1.0)
3着
100m
決勝
10.43(+1.2)
8着


小池祐貴

2018年絶好調男!

日本選手権
2018/6/23
100m
予選
10.32(+0.5)
1着
100m
準決勝
10.23(-0.3)
2着
2018/6/24
100m
決勝
10.17(+0.6)
4着
PB
日本選手権
2018/6/23
200m
予選
20.65(+0.8)
2着
2018/6/24
200m
決勝
20.42(+0.8)
2着
PB
コルトレイク
2018/7/14
100m
決勝
10.24(-0.9)
2着
200m
決勝
20.29
2着
ロンドンDL
2018/7/22
200m
20.56(+0.1)
8着
アジア大会
2018/8/28
200m
予選
21.30(-1.1)
2着
200m
準決勝
20.35(+0.2)
1着
2018/8/29
200m
決勝
20.23(+0.7)
1着



リレー合宿など

大会名
日付
ラウンド
メンバー
タイム
結果
備考
セイコーGGP
2018/5/20
山縣・飯塚・桐生・ケンブリッジ
37.85
1着
多田・原・小池・藤光
38.64
2着
ロンドンDL
2018/7/22
小池・飯塚・桐生・ケンブリッジ
38.09
2着
2018 アジア大会
2018/8/29
予選
山縣・多田・桐生・ケンブリッジ
38.20
1着
2018/8/30
決勝
山縣・多田・桐生・ケンブリッジ
38.20
1着


>>【男子4×100mR日本代表公開練習】東京五輪金メダルプロジェクト、「セイコーゴールデングランプリ陸上2018大阪」で本格始動


ダイヤモンドリーグ(DL)は日テレG+

ダイヤモンドリーグはCS放送の日テレG+で放映されます。観たい方はスカパーを契約してから日テレG+を契約!

>>スカパー!の詳細はこちら。


各大会の結果

2018年日本選手権

2018年の日本選手権の詳細結果はこちら。
>>【2019 ドーハ世界陸上・2018 アジア陸上】100m・200mの代表争いは激戦!2018日本選手権開幕!


男子100m 決勝

1位:山縣 亮太  セイコー  10.05 大会タイ記録
2位:ケンブリッジ飛鳥 Nike   10.14
3位:桐生 祥秀  日本生命  10.16
4位:小池 祐貴  ANA   10.17
5位:多田 修平  関西学院大 10.22
6位:長田 拓也  富士通   10.30
7位:竹田 一平  中央大   10.30
8位:九鬼  巧  NTN   10.44


男子200m 決勝

1位:飯塚 翔太 ミズノ  20.34
2位:小池 祐貴 ANA  20.42
3位:山下  潤 筑波大  20.46
4位:桐生 祥秀 日本生命 20.69
5位:犬塚  渉 順天堂大 20.74
6位:染谷 佳大 中央大  20.85
7位:猶木 雅文 大阪ガス 20.91
8位:藤光 謙司 ゼンリン 23.65


2017ロンドン世界選手権

代表選手

100m

・サニブラウン・ハキーム(東京陸協)
・多田修平(関西学院大)
・ケンブリッジ飛鳥(Nike)


200m

・サニブラウン・ハキーム(東京陸協)
・飯塚翔太(ミズノ)


4x100mR

・サニブラウン・ハキーム(東京陸協)
・多田修平(関西学院大)
・ケンブリッジ飛鳥(Nike)
・飯塚翔太(ミズノ)
・桐生祥秀(東洋大)
・藤光謙司(ゼンリン)

日本選手権の結果より、100mを引っ張ってきた桐生がリレー要因に。そして山懸は落選してしまいました。

関連記事:2017ロンドン世界陸上。日本代表選手決定!桐生は残り、山懸落選。。。


2017ロンドン世界選手権 結果

100m 予選

✔ サニブラウン   2組1着 10.05 準決勝進出
✔ ケンブリッジ飛鳥 4組4着 10.21 準決勝進出
✔ 多田修平     6組4着 10.19 準決勝進出


100m準決勝

✔ ケンブリッジ飛鳥 1組6着 10.25 準決勝敗退
✔ サニブラウン   2組7着 10.28 準決勝敗退
✔ 多田修平     4組5着 10.26 準決勝敗退


200m予選

✔ サニブラウン 1組2着 20.52 予選通過
✔ 飯塚翔太   7組2着 20.58 予選通過


200m準決勝

✔ 飯塚翔太   1組5着 20.62 準決勝敗退
✔ サニブラウン 2組2着 20.43 決勝進出


200m決勝

✔ サニブラウン 7位 20.63 決勝進出


4x100mR 予選

✔ 日本 1組3位 38.21
(多田-飯塚-桐生-ケンブリッジ)


4x100mR 決勝

✔ 日本 3位 38.04

(多田-飯塚-桐生-藤光)

関連記事:【2017 ロンドン世界陸上】激戦の100m・200m・4×100mR 結果速報。ボルトラストラン。日本選手は?!衝撃の結末!


2017年日本選手権

2017年の日本選手権の詳細結果はこちら。
>>2017 ロンドン世界陸上。100m・200mの代表争いは激戦!日本選手権開幕!


男子100m 決勝

1位 10.05 サニブラウン・ハキーム  東京陸協 大会タイ
2位 10.16 多田修平 関西学院大
3位 10.18 ケンブリッジ飛鳥 Nike
4位 10.26 桐生祥秀 東洋大
5位 10.38 川上拓也 中央大
6位 10.39 山縣亮太 セイコー
7位 10.43 高橋周治 愛知医科大
8位 10.45 九鬼巧  NTN


男子200m 決勝

1位 20.32 サニブラウン・ハキーム 東京陸協(代表内定)
2位 20.47 藤光謙司 ゼンリン
3位 20.55 飯塚翔太 ミズノ
4位 20.77 原翔太 スズキ浜松AC
5位 20.83 諏訪達郎 NTN
6位 20.87 山下潤 筑波大
7位 20.90 田中佑典 日本ウェルネス大
8位 20.99 高瀬慧 富士通


日本歴代100m

1位 9.98 +1.8 桐生 祥秀 17/09/09
2位 10.00 +0.2 山県 亮太 17/09/24
2位 10.00 +1.9 伊東 浩司 98/12/13
4位 10.02 +2.0 朝原 宣治 01/07/13
5位 10.03 +1.8 末続 慎吾 03/05/05
6位 10.05 +0.6 サニブラウン 17/06/24
7位 10.07 +1.8 多田 修平 17/09/09
7位 10.07 +1.9 江里口匡史 09/06/28
8位 10.08 +1.9 飯塚 翔太 17/06/04
8位 10.08 -0.9 ケンブリッジ飛鳥 17/06/23


さいごに

リオで最高の結果を出した日本4継。東京オリンピックで金メダルを取るために、このドーハ世界陸上は超大切です。頑張れ日本代表!





 ▼ 人気記事 ▼